APIO アピオ採用情報APIO アピオ採用情報

ENTRY
仕事を楽しむ 人生を楽しむ
毎日をアピオの仲間たちとともに
ジムニーへの情熱が明日をつくる
仕事を楽しむ 人生を楽しむ
毎日をアピオの仲間たちとともに
ジムニーへの情熱が明日をつくる
ENTRY

PROLOGUE

プロローグ img img

夢中になれる仕事をしよう。
その方が人生は格段に楽しくなる。

世界に誇る日本の名車スズキジムニーをベースにした事業を展開するアピオ。
ジムニーはコンパクトサイズだが、遊びのクルマとして世界最大級の魅力にあふれている。
趣味として幸せなクルマを扱うアピオの仕事は、誤解を恐れずに言えば「遊びが仕事、仕事が遊び」だ。

「日常に彩りを添え、豊かで充実した幸福な人生を」
あなたのこれからの人生を、アピオとともに楽しんでいこう。

img
img
img
img

WORK

アピオで働く img img

働く場所は、人生の多くの時間を過ごす場所。
だからこそ仲間と心から楽しんで働ける環境をつくりたい。
アピオのスタッフは皆「TEAM APIO」の一員として、職種の垣根を越えて働いている。
そんなアピオでの仕事内容を紹介。

ワクワクが集まる!

商品企画

月1回の月例ミーティングに向けて
スタッフ全員で企画を持ち合う

商品企画のミーティングは全員参加。ショップ担当は、接客のなかで出てきたお客様の声を新商品の提案に、整備士、通販担当、それぞれの立場からいろんな声が出る。未来のアピオが生まれる現場。

img

クルマ好きの醍醐味

整備

もっと良いジムニーを届けたい。
その思いで職人技が光る

車検整備をメインに、パーツの取付け、販売、車両の修理、点検等を行う。時には新車のご相談や商談も。お客様とジムニーに一番近くで寄り添うパートナー。

img

「ありがとう」が一番のやりがい

ショップ

お客様の喜ぶ顔が見られる
大切な場所

アピオは同じ敷地内で、パーツ販売、コンプリートカー販売を行うアンテナショップ『JIMNY PROSHOP APIO』の運営も行っている。ジムニーを愛してやまないお客様の顔を直接見られるからこそ、気づきや発見、喜びも大きい。

img

世界へ届け!

Web/
ECサイト
運営

アピオ・ジムニーの魅力を発信。
乗る楽しさを届ける

アピオの強みの一つが、豊富な情報が蓄積されたウェブサイト。オウンドメディアの先駆けと言える「JIMNY LIFE」は、ジムニーをテーマに業界随一の情報量・面白さを誇っており、常に新しい魅力を発信し続けている。

img

POLICY

アピオが大切にしている5つのこと img img

01

10年後を後悔しない

自動運転やEVへのシフトなど自動車業界は今100年に1度と言われる変革期。10年後はおろか、2年後さえも技術や社会の変化は想像できないが、人としての喜びや感動など大切なことは不変。今この瞬間を大切に丁寧に過ごした積み重ねが「10年後を後悔しない」未来としてやってくる。

img

02

常に自分を
更新できる柔軟性

変化スピードが激しい時代だからこそ、その激流に流されることなく、常に自分の中で大切にすべき真理を探求すること。昨日までの常識は疑い、自分で考えて行動することができる柔軟性が明日のアピオをつくっていく。

img

03

お客様の声を聞く

いつも答えはお客様の声のなかにある。アピオのお客様は全員、ジムニーを通して人生に彩りを添え、豊かで充実した人生を楽しもうとする人々。彼らにもっと笑顔になってもらうために、その声を真摯に受け止めよう。

img

04

仕事も遊びも
とことん本気

アピオはもともとジムニーを「遊ぶ」ことから生まれた会社。だからこそ、仕事も遊びもとことん本気で夢中になる。そんな姿をみんなが応援する。本気になった先には仕事も遊びも関係なく、人の心を動かす何かがきっとある。

img

05

ジムニーへの情熱

お客様は、ジムニーに対する情熱にあふれる人ばかり。その情熱に共感できる素養と積極性があれば、経歴は不問。整備士などの各種国家資格も会社で負担して応援している。

img

INTERVIEW

アピオで働く仲間たち img img

ジムニーを愛する気持ちと、人生を楽しむことに貪欲なのが「TEAM APIO」メンバーの共通点。
それぞれ経歴や趣味はバラバラだからこそ、お互いを認め応援する社風がある。仕事のやりがいや
アピオ・ジムニーへの想いなどについて語ってもらった。

アピオならではのワクワクや驚き、
感動がつまっています

img
大谷 広夢 入社6年目/整備

おもに車検整備を担当しつつ、パーツの販売・取付、車両の修理・点検、時には新車の相談や商談も。年式や型式によって細かい提案ができ、オーナー様からの信頼も厚い。

ジムニー1台1台に込められた思いに向き合う

ジムニーはオーナー様の個性が強く表われる車両です。
歴史ある車両でかつ趣味性が高いので、同じ車両は無いと言っても過言ではありません。人と同じで、1台1台性格も違えばクセも違います。そんなジムニー達と対話しながら点検し整備を進めていると、日々多くの発見があります。見たこともないパーツや仕様などにたくさんの工夫や知恵が盛り込まれていて、驚かせられることもしばしば。普通の乗用車を整備するのとは一味違う感動があります。特に車が好きな人には尚更だと思います。
そんなワクワクを日々感じながら業務をこなせることに、とてもやりがいを感じています。

アピオの仕事を通して人として成長したい

アピオではジムニーを通してたくさんの方々との出会いがあります。そのなかで嬉しいこと、楽しいことだけでなく、頭を悩ませることや辛いこともありました。ですがそれをポジティブに考えられる環境がアピオにはあり、たくさんのことを学びました。20代後半を迎えた今、仕事、私生活ともに人としての基礎が培われる大切な時だと思います。アピオには挑戦できる環境があるので、より人として成長できるように日々努めていきたいと思います。

img
img飼い主のいなくなったペットを集め育てる施設でボランティアを行っている。特に福島の地震など災害後に現地に行って活動。

毎日が気づきの連続。
未来のアピオのために、今日行動すること。

img
井上 健 入社13年目/営業部

Web事業全般を統括。アピオ楽天市場店のページ制作・運営、SNS更新、製品企画立案および設計、パッケージなどのデザイン、製品画像撮影、製品紹介ページの制作、メール・電話でのお問い合わせ対応などマルチに携わる。

自分の気づき、発見、行動がお客さまの声に直結する

純正バンパー用牽引フックという製品の装着作業を眺めていたときにふと「この製品のこの場所を変えればもっと取り付けが簡単になるのに」と気付き、すぐに製品をリニューアルした経験があります。リニューアル後は同じ機能を保ちつつ、初心者でも簡単に装着ができる製品に生まれ変わり、現在まで驚くほどの数量を販売しています。良い製品をつくれば、お客様から喜びの声がダイレクトに返ってくる。このことを実感し自信にもなりました。最大の喜びであると同時に、次の期待に応えたいというプレッシャーにもなり、気を引き締めて仕事に取り組んでいます。

スタッフ全員で声を出し合いアピオを盛り立てていく

アピオは社員と社長との距離感が近く、若手も思っていることを直接伝えられる雰囲気があります。話を聞いてくれて、理解してくれる。いいアイデアであれば多少金額のかかる案件でもすぐに採用してくれるので、やりがいがありますし責任感も身に付きます。私自身、40歳になりましたので、個人の成長はもちろん、社長を支えられるよう組織の成長を考えていきたい、スタッフ全員でアピオを盛り立てていきたいと思っています。

img
img趣味はバイクのカスタマイズ。乗ることも好きだが、それ以上にカスタマイズが好き。カスタマイズしたバイクでの通勤はひときわ違う。

自分自身がチャレンジ・経験を重ねて
ジムニーの楽しさを多くの人に伝えたい

img
森光 力 入社13年目/営業部

大学時代からジムニーJA11車(新車)を所有し、卒業後、(株)スズキ自販神奈川に入社。新車営業マンとして10年間勤務。
スズキ自販在職中にアジアンラリー参戦や四駆競技やイベントにも参加。現在は全国のスーパーオートバックス等で開催する販促イベント「アピオジムニーフェア」の運営などを担当。

ジムニー愛は人一倍!

学生時代からジムニーに乗っていたこともあり、入社前からアピオにはお世話になっていました。たまたま来店時に求人募集の掲示板を見つけ、もっとジムニーの楽しさを追求したい、多くの人にこの楽しさを知ってほしいと思い、運命を感じて応募したのが入社のきっかけです。

人生を変えるような経験ができる

‘07ロシアンラリー・’14モンゴルラリーに、パリダカドライバーである弊社会長尾上のナビとして参戦させてもらい人生観が変わるような経験をしました。アピオの機能パーツに実地で触れた経験から、お客様にもそれまで以上に信ぴょう性のあるアドバイスができるようになりました。
また、アピオはプライベートなチャレンジを会社全体で応援してくれます。私の場合は、’09から’14までオフロードバイクで四国を周るツールド・ブルーアイランドというラリーに長期連休をもらって参戦。’13ゴビマラソン(モンゴル)、’15・’16ウルトラトレイルモンブラン(フランス・スイス・イタリア)、’17トルデジアン(イタリア)というトレイルランのレースにも参戦し完走できました。もともとジムニーでの遊びが発端となった会社なので、極端に言うと「仕事が遊び、遊びが仕事」という社風があります。

img
imgモンブランで行われたUTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)。年に一回海外でトレイルランニングに参加している。

VOICE

先輩(元社員)の声 img img

今だから分かること、
アピオは「バケモノ」だった

img
洞口 公宏 アピオ在籍期間:2010年~2014年

工業高校機械科を卒業後、特装車の会社へ就職。その後、不動産会社勤務を経てアピオへ入社。4年半の在籍後、独立し地元岐阜県に「ジムニー専門店 スラッシュワークス」を設立。
スラッシュワークス:http://www.slashworks.jp

アピオの入社面接の際「5年後に独立してジムニーのお店を出したい」と河野社長に伝えました。ふつうは長期で働ける人材が欲しいと思うのでダメ元での応募だったのですが、社長は独立を応援してくださり、アピオに入社。在籍中の4年半でジムニーに関するさまざまな知識や経験を積ませていただき、独立を果たしました。

独立した今だから分かるのですが、アピオは一言で言うと「バケモノ」です。長年の実績から生み出されるパーツのクオリティは段違いです。独立していろいろな会社のパーツを取り扱うようになり、アピオの商品が売れる理由、リピーターが多い理由が改めてよく分かりました。到底真似のできない「バケモノ」でした。

ただ、ジムニー専門店だからといってマニアックな人しか入社できないとかは全く無く、初めての人でも興味があれば仕事できます。モータースポーツ好きや2輪好きでもなんでもいいと思います。アピオは多趣味な集団なので、きっと想像以上に楽しく仕事ができると思いますよ。

img

MESSAGE

社長からのメッセージ img img

ともに、日常を旅しよう。

河野 仁

『日常を旅する』。これはアピオジムニー納車時にプレゼントしている「トラベラーズノート」のコンセプト。私もこれに共感して、日々、旅をしています。例えば、毎日の通勤時間や打合せ先のカフェ、あるいは家の夕食さえも、初めての土地を訪れた時のような新鮮な気持ちで、新しいなにかを発見したり、また丁寧に味わうように接するだけで、日常に旅先と同じようなワクワクした高揚感や何かを発見できます。
人生とは旅と言いますが、まさに毎日のなにげない日常の中にこそ一番幸せな時間を含んでいてその蓄積が旅だと感じています。今までもジムニーで旅した軌跡はノートに記してきましたが、今年からはさらに日常の体験も小さな枠の中に絵日記として描いていると、とても幸せで全てに対して感謝の気持ちでいっぱいになります。
人生という旅で、これからの時間をともにする新しい仲間に出会えることを楽しみにしています。

代表取締役社長河野 仁

  • img社長室はガラス張り、いつでもスタッフが気軽に出入りする。
  • img日常の体験を毎日絵日記に。振り返りながら描く時間も楽しい。

REQUIREMENT

募集要項 img img

求める人物像

  • 1.時代や周りに流されず、自分の心理を追求する探究心ある人
  • 2.昨日までの常識は疑い、考えて行動する柔軟性ある人
  • 3.お客様のジムニーへの情熱に共鳴できる共感力ある人
  • 4.幅広くいろんなことに能動的に挑戦する姿勢がある人

募集要項

雇用形態 正社員
勤務時間 9:30〜19:00
募集年齢 18歳~28歳位[雇用対策法施行規則1条の3-(4)]
募集条件 要普通免許で自家用車通勤できる方、学歴不問。
勤務地 神奈川県綾瀬市
給与 月給19万円以上+各種待遇
※スタート時の保証額です。能力・経験を考慮の上、加給・優遇します。
※上記金額は固定残業手当(20時間・2万7000円)を含みます。超過分は別途支給いたします。
福利厚生 昇給年1回(4月)/賞与年2回(7月・12月/2016年実績4ヶ月分)/交通費支給(ガソリン代/月3万円まで)/各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)/退職金制度/車通勤可・駐車場完備
応募方法 履歴書(写真添付してください)、職務経歴書、自己PR(書式は自由)上記を郵送にてアピオ株式会社 総務部 人事採用係まで送付してください。

選考フロー

  • お問い合わせ

    サイト下部にある
    お問い合わせより
    お問い合わせください

  • 書類選考

    お送りいただいた
    書類を元に
    選考いたします

  • 面接(複数回)

    弊社に
    お越しいただき
    面接となります

  • 内定

    出勤日の確定や
    各手続きに応じて
    ご連絡させて
    いただきます

ENTRY

採用エントリー img img

共にライフスタイルを
創り上げよう!

  • facebook
  • twitter
pagetop