• 前の記事
  • 次の記事
11.07.08

Daytonaデイトナ誌2011年8月号のコンプリートジムニー満喫生活

Daytonaデイトナ誌2011年8月号のコンプリートジムニー満喫生活は前号に引き続きアピオで今旬なコンプリートカーJB43シエラがクローズアップ。
今回のテーマはBFGoodrichのM/T MK2特集。

これぞ四駆といわんばかりの雰囲気はいわゆるマッテレらしい姿。しかもあの当時のマッテレよりも静音性も進化して、よくもわるくもあの懐かしきロードノイズが懐かしいほど今のタイヤは静かです。

個人的な趣味かもしれませんが、最近はやりの大口径のホイールにぺらぺらの扁平タイヤよりも、15インチのホイールにがっちりと骨太なタイヤの方が好きです。

1980年代のある日。深夜オートバイを和歌山紀伊半島を南下中していました。ふと缶コーヒーを飲みたくなって停めたその横を、当時ランドクルーザー40が、あのロードノイズを残しながら走り去っていたあの四駆もBFGでした。
 深夜の山の中、そのロードノイズと頼りないテールランプが消えていく後ろ姿に四駆の美学を感じた瞬間でした。
 そんなシーンまで思い出した今回の記事内容でした。

それにしてもこのデイトナ誌。いつもながらに新鮮な画角で写真を撮ってくれるのでいいですね。詳しくは最寄りのコンビニか書店で。2011.7.8.

  • 前の記事
  • 次の記事