• 前の記事
  • 次の記事
11.09.17

桐島ローランド氏によるアピオジムニーCM

桐島ローランド氏によるアピオジムニーCM撮影。
天候にも何とか恵まれて撮影は無事終了。
画像は冒頭のシーンを撮影中の桐島ローランド氏。

桐島ローランドとジムニー

桐島ローランド氏といえば、長年ファッション系雑誌で活躍中のフォトグラファーとしてお馴染みですが、彼はオートバイでパリダカールラリーに挑戦し見事完走を果たしたラリーストでもあります。

そしてジムニーJA11(彼はJAイレブンと呼ぶ)を経て、現在はJB23(もしかしてトゥエンティスリー?)に乗る生粋のジムニー乗りでもあります。今回撮影に使用されたジムニーも所有するアピオジムニー。しかも色はオリジナルカラーに全塗装するほどの拘り。

さらに2010年はTEAM APIOの一員としてラリーモンゴリアに出場し完走。日常でジムニーに乗り、さらにジムニーでラリーも走った人だからこそ知るジムニーの魅力とジムニーに対する愛情が伝わればと思います。

地平線に向かうジムニーは大海へ向かう小舟。なにもない地平線を走り続けるその行動を支えるのはジムニーの信頼性。

余談ですが、このアピオのホームページリニューアルを手がけたデザイン会社の野村社長もスーパースージーの表紙を飾ったことがあるジムニーJB23乗りですし、担当したデザイナーも2007年のロシアンラリーにナビとして参加していますので、web製作もCM製作もすべてその製作に関わった人たちがジムニーに触れている、しかもラリーという環境下でという部分が本質の部分で目に見えない効果を発揮しています。

撮影機材は最新のRED

撮影現場に到着すると早速大勢のスタッフが準備中。映画でも撮影できるスタッフと機材が続々と準備されてゆきます。
REDカメラ2台。奥はローリーのRED。手前の1台は最新モデル。日本にまだ2〜3台?というカメラでお値段も6ジムニーぐらい?近づいて倒れると大変な感じ。ちなみに上の画像の照明器具も同じく5ジムニー換算。ちなみにこの最新モデルのカメラの方は以前ジムニーに乗っていたとかで、しかもそのジムニーはなんとSJ40T!ジムトラであります。流石ジムニー乗りはマニアックですね。

照明機材もカメラに負けていない。ちなみに照明器具を積んできたトラック2台は、あの世界のクロサワでお馴染みのクロサワフィルムスタジオさんです。

気分はトト

撮影アングルを変えるとレールも敷き直して撮影。撮影用の車輪が数種類あることも知って個人的にも興味津々です。
気分はニューシネマパラダイスに登場する少年トトな気分。

さらにスタッフの皆さん、ジムニー話題な人多数でして、この中にも第1回ロシアンラリーにテレビ局のADとして参加したことがある方がいてビックリ!いろいろつながりますね。ハイクオリティな映像CMが期待できそうです。お楽しみに。

One & Only APIO JIMNY コマーシャルムービー完成

桐島ローランド氏により撮影、編集されたアピオジムニーコマーシャルムービーが完成しました。
このCMはSSER制作のFREE DVD「FUTURE Vol.7」(2011年10月リリース)に収録予定です。只今アピオYouTubeチャンネルにて先行上映中!

「FUTURE Vol.7」には2011年のラリーモンゴリア、尾上VS菅原のリアルなジムニー対決、そして迫力ある闘いの映像が掲載される前提であえてこちらの映像は、より幅を持たせたソフトな内容になっています。だって広大なモンゴルの地形で本気で戦うオヤジ対決のジムニー映像には日本で撮影したCMではその速度も本物感も敵いませんからね。

  • 前の記事
  • 次の記事